古物×転売=せどりの方程式

YamatoDay合同会社

ブランドオーダーBELLへのご訪問、誠に有難うございます。

今回はせどりにて副収入を得ている方。得ようとしている方。
そして転売者に苦しむ買取店バイヤーへ今の古物背景を交えて今後の対策についてお伝えしたいと思います。

まずは、今の情勢ですね。2015年くらいまでの世のブランド品はユーザーが業者へ売却しそこからユーザーへ。つまりCtoBtoCで成り立っていました。まだまだブランドせどりが芽生え始めた時くらいです。

店頭買取は小売りの0.6掛けで買取るといった感覚なので新品からすると約3割ほどですね。
これはこれでブランド品は世の中で回転していましたが、今ではこれが通用しません。
何故ならCtoCで取引ができるフリマサイトの出現ですね。今後も拡大されるであろうCtoC取引

フリマで仕入れてフリマで売る。転売副業にしている方も今ではかなり多いのではないでしょうか??
フリマで即売れの為、買取店とフリマ価格を相見積もりし得する場所へ売る。この仕組みから買取店舗は仕入れ予算を圧迫し商品量は少なくなるばかり。。

これからは転売者と買取店がコラボし協調していく時代がやってくるはずです。
安く買いたい転売セドラー 古物市場相場以上で売却したい買取店
このバランスをとれば双方にメリットがある取引が出来るんです。

古物市場で1万で仕入れた商品を約3か月かけて小売りで約1.8万で販売されます。転売ヤ―は一般人が1.3万で売りに出しているものを購入、そして1か月で1.6万で売却。
この間の仕入れ差額3千円がなんとも勿体ないなと感じます。

買取店は転売屋―へ。転売者は古物を取得し買取店or市場仕入れを。
つまり、市場で1万仕入れを翌日転売ヤーに1.2万で売り、転売ヤーは1.2万を1.6で売る。
買取店はキャッシュフローの改善が。転売ヤーは利益率が。
双方にかなりのメリットです。

せどりや転売はあくまで副収入にしている方が多いと思いますが、これからは誰もが古物証を持ち自分で商いをする時代です。

また、一般的な統計データですが、利益率40%を獲得するにはフリマで出品してから約3週間ほどかかります。これを短くするには利益率を落とせばいいこと。
それは嫌だが・・回転させて在庫を増やし小遣いを増やしたいというのであれば、あとはどれだけ卸値で大量の商品を仕入れる事が出来るか・・ですね。

BELLベルではせどり副業を支援しているパーソナルサービスがあります。
皆さんが古物に参入することで日本の価値観を変える事ができます!

 

是非HPをご覧の上お問合せ下さいませ。

【好きなヤツと好きなコトを好きなだけヤル】
醍醐 拓司 ※通称DT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です